FIDEA / フィデアホールディングス株式会社

文字サイズ
  • 標準
  • 大


ご挨拶

会社案内

  1. 取締役兼代表執行役社長 CEO 田尾 祐一

    平素より荘内銀行、北都銀行はじめフィデアグループをご愛顧賜り、心より御礼申し上げます。

    フィデアグループは、2017年度より第3次中期経営計画「Consulting & Innovation」をスタートいたしました。

    地域金融機関を取り巻く経営環境は、人口減少や少子高齢化の進展、マイナス金利環境の長期化、異業種参入による競争環境の変化など、ますます厳しさを増しています。このような中でわたしたちは、これまで以上にお客さまに寄り添い、お客さまとの対話から顕在、潜在するニーズや課題を把握し、タイムリーにコンサルティング機能を発揮することにより地域経済の成長を支えるビジネスモデルへの転換を目指してまいります。

    具体的には、地元企業の中でも最近増加している事業承継やM&Aのニーズに対応するため、専門的なスキルを備えた人材による両行横断のサポートチームを組織し、積極的にご相談にお応えしてまいります。さらに、他の地方銀行をはじめ提携先の拡大により、より広域な営業情報の提供や、婚活、人材紹介などを含めお取引先の課題解決に資する各種ソリューションの品ぞろえの充実に努めてまいります。

    また、地域経済の牽引役として地方創生のためのプロジェクトを引き続き主体的に支援してまいります。2017年度は、秋田県美郷町へのタイ王国バドミントン代表チームの東京五輪事前合宿地の誘致、鶴岡市中心部の集客核である商業施設の大規模改修にあわせた資産流動化の支援、荘銀あぐり応援ファンドなどを活用したアグリビジネスの支援実績積み上げ、自治体と協力しての移住や起業のサポートなど、人口減少に伴う地方の構造的な課題を克服し地域の持続的な発展を応援する取り組みに積極的に参画してまいりました。

    2018年4月には、持株会社および両行の本部組織を再編しました。荘内銀行および北都銀行が、それぞれの営業地盤において地方創生の責任をしっかり果たしお取引先の課題解決に注力していくために、本部の企画機能について持株会社を含め一本化するとともに、事務センターなど後方事務拠点の統合を進めています。持株会社および両行が一体となり統合シナジーの更なる発揮を目指すとともに、コンサルティング営業体制の強化にスピード感をもって取り組んでいます。

    フィデアグループは、「地域と向き合う、次代につなぐ。信頼のフィデア」をスローガンに、お取引先のニーズや課題の解決のために寄り添う知恵袋として、お客さまにとって一番の相談相手である存在を目指してまいります。

  2. 引き続き、変わらぬご支援、ご愛顧をいただきますようお願い申し上げます。

  3. 2018年5月
    フィデアホールディングス株式会社
    取締役兼代表執行役社長 CEO 田尾 祐一



loading