FIDEA / フィデアホールディングス株式会社

文字サイズ
  • 標準
  • 大


ご挨拶

会社案内

  1. 取締役兼代表執行役社長 CEO 田尾 祐一

    平素より荘内銀行、北都銀行はじめフィデアグループをご愛顧賜り、心より御礼申し上げます。

    フィデアグループは、地域に密着した広域金融グループとして地方創生に貢献し続けるとともに、お客さまや地域の持続的な成長を支える筋肉質な経営基盤を確立することを目指し、2017年度より第3次中期経営計画「Consulting & Innovation」をスタートいたしました。

    計画2年目に入りました2018年度上期には、アンケート調査で多くのご要望をいただいた事業承継やM&Aへの支援体制を構築し具体的な提案活動に注力したほか、秋田駅前CCRC事業の具体化、六次産業化を志向する農業法人向けの出資を含むご支援、県産品の海外販路拡大のご支援などの実績を積み上げております。加えて、営業店事務改革の一環として、北都銀行に続き荘内銀行の店舗においてもクイックカウンターを試行的に導入するなど、店頭業務を中心とした効率化策を着実に実行に移しております。

    また、持株会社のプラットフォーム機能を進化させ統合効果を最大限に発揮するため、フィデアホールディングスおよび両行の本部企画機能を一本化しました。持株会社および両行が一体となってグループシナジーの一層の発揮を目指すとともに、法人個人一体の営業体制へのシフト、事務センターなど後方拠点の集約などを早期に実現し、更なる経営効率化につなげてまいります。

    さらに、本部組織の一本化にあわせて、持株会社にFinTech企画室を設置し、フィンテックへの取組みを着実に進めています。個人のお客さま向けポータルサイトとしてアプリバンキングの取り扱いを開始し、また法人のお取引先の会計事務の効率化を支援するクラウド会計ソフトの提供を開始いたしました。引き続き、フィンテック事業者との連携や新しいデジタル技術の積極的な活用により、お客さまの利便性向上や銀行事務の効率化に取り組んでまいります。

    この10月には、リース会社を子会社化し、フィデアリース株式会社として営業を開始いたしました。ファイナンスリースや割賦販売など、法人のお客さま向けの提供ソリューションの充実により、コンサルティング営業体制の強化を図るものです。当リース会社とは、これまでも山形県内において荘内銀行が連携関係を築いてまいりました。フィデアグループの一員として、今後は秋田県内においても北都銀行と協働し、グループ全体の収益力強化につなげてまいります。

    地域金融機関を取り巻く経営環境は、超低金利環境の長期化、長寿化の進展に伴うライフスタイルや生きがいの多様化により、大きく変化しようとしています。

    フィデアグループは、荘内銀行の顧客接点強化活動、北都銀行の一万先訪問活動など、お取引先と対話を重ねる活動を継続し、お客さまに寄り添い、お客さまのニーズや課題にきめ細かなサービスでお応えする「ニーズ・ファースト」の実践に徹底して取り組んでまいります。

    引き続き、変わらぬご支援、ご愛顧をいただきますようお願い申し上げます。

  2. 2018年11月
    フィデアホールディングス株式会社
    取締役兼代表執行役社長 CEO 田尾 祐一



loading